全能連について

マネジメント関係資格称号について

全能連は、1977年(昭和52年)から、経済産業省(旧 通商産業省)の指導のもと「マネジメント関係資格称号に関する自主規制」を推進してきました。

民間資格に一定の基準を設け、審査の上その基準を満たした資格のみを優良資格称号として登録し、産業界へ広く普及・啓蒙を行ってまいりました。

しかし、依然として悪質な資格称号の付与団体が存在しています。消費者や企業に損害を与えかねない粗悪な資格称号と、優良な資格称号を明確に区別するため、現在は、マネジメント関係資格称号の品質をより高めるための認証評価を行っています。

資格付与事業の増大の背景と問題

1960年代から、経営ブームに伴い資格志向が日本社会で高まったため、マネジメント関係の資格称号付与を事業目的とする団体が続出しました。中には、法的規制がないため、安易な手続きで資格称号を与え、その結果、一般経済社会や消費者に対して損害を与えるなどのトラブルが横行していました。その後、資格の波が何度か押し寄せていますが、資格付与団体の質の向上と信頼性を確保する取り組みや活性化が一層要求されています。

マネジメント関係資格称号に関する認証へ

全能連は、経済産業省からの要請もあり、氾濫するマネジメント関係資格称号から、優良なものを明確に区別するため、資格称号付与の明瞭化と健全化を図るべく研究を開始。1977年(昭和52年)3月に、「マネジメント関係資格称号に関する自主規制規約」を制定し、自主規制を推進する役割を担ってきました。

自主規制規約を評価基準に、全能連加盟団体からの申請を審査し、これに適合したものだけを優良な資格称号として全能連に登録。また、その優良な資格称号が広く社会に浸透するように、公示も行ってきました。

現在、社会的、時代的に積極的役割を果たすべく資格称号の質や信頼性、そして健全な運営などの確保を公正な立場で認証する事業を展開しています。つねに社会・経済情勢の変化に対しても積極的な役割を果たせるように、さらなるレベルアップに努めています。

ページのトップへ

倫理綱領の制定の経緯

「自主規制規約」に基づく資格称号の登録制度によって全能連は、資格付与活動の質的向上に貢献したと評価されましたが、その後も自主規制を健全に維持・推進するための活動に積極的に取り組んできました。

その中で焦点となった資格称号を付与する団体の倫理問題に取り組むため、1985年(昭和60年)に、「倫理規定委員会」を設置。翌年、「倫理綱領」を制定し、会員団体の活動に対して高い倫理感と社会的責任を求め、わが国の経営活動の活性化、健全化に努めることを要求し、遵守することを定めました。

現在は「マネジメント関係資格称号に関する認証規約」へと改訂されたことで、資格称号の付与活動はよりいっそうの質的向上を果たしています。