全能連について

  • HOME >
  • 全能連について(TOP)

個々の企業、団体では困難な事業を展開しています。

公益社団法人 全日本能率連盟(全能連)は、『会員相互の協力により、公正な世論を促し、能率思想の普及を図り、これを実現する』という目的により、全国の能率団体が参集した連盟として1949年(昭和24年)に創立されました。

創立から半世紀を越えた現在も、内外関係機関等との交流を深めることで、「経営の科学化を推進」するとともに「産業界の健全な発展」を図り、ひいては「日本経済の発展および国際社会への貢献」に寄与するための活動を展開しています。

全能連の具体的な活動としては、先端経営の追求を旗印とする「全国能率大会」の開催をはじめ、マネジメント関連の民間資格を審査・認証する「マネジメント関係資格称号に関する認証」、厳格な審査で優良な現役コンサルタントを認定する「マネジメント・コンサルタント(MC)認定制度」、研修インストラクターを認定する「マネジメント・インストラクター(MI)認定制度」など、個々の企業、団体では実現が困難な事業を展開しています。

また全能連は、ICMCI(国際公認経営コンサルティング協議会 ※1)に加盟し、ヨーロッパのFEACO(欧州経営コンサルタント団体連合会 ※2)、アメリカのAMCF(米国経営コンサルタント協会 ※3)と交流する、日本唯一のマネジメント関係団体の組織機構でもあり、当連盟では、日本マネジメント業界の海外への窓口としての役割を果たすべく、コンサルタントの世界会議ともいうべきFEACO大会に日本代表団をほぼ毎年派遣するなど、海外マネジメント関係機関との情報交流も積極的に取り組んでいます。

※1  ICMCI:The International Council of Management Consulting Institutes
※2  FEACO:Federetion Europeenedes Associations de Conseil en Organization
※3  AMCF:Association of Management Consulting Firms

ページのトップへ

全能連の主要事業の特長を下記よりご覧いただけます

具体的な活動案内については下記をご覧ください

ページのトップへ

関連ページ