全国能率大会/昭和24年(1949年)より毎年開催、産業界の発展に寄与しています。

  • HOME >
  • 全国能率大会(TOP)

マネジメント技術の高度化促進の場として貢献しています

全国能率大会は、1949年(昭和24年)以来、毎年開催しているもので、企業の経営者・管理者、経営コンサルタント、研修インストラクターをはじめ、企業経営に関心を持つ多くの方々にご参加いただいています。現在は以下の2部構成で開催しています。

経営・技術大会

第64回全国能率大会の様子

経営・技術大会は、産業経済の発展を目指し、経営・マネジメント支援関連団体として視野に入れておくべき昨今の経営課題の解決に係わるテーマ、また、狭義の「経営の科学化」の理解のもと、これからの経営技術にかかわる考え方、経営革新事例の発表、マネジメント理論・技法の研究発表等を行います。さらには、これら経営・技術をテーマとして参加者相互の交流も図っています。

ページのトップへ

優秀論文発表会の最優秀論文には「経済産業大臣賞」を授与

表彰式の様子

全国能率大会の論文は、経営コンサルタント、研修インストラクターはもちろん、企業経営の実践・指導・管理改善に携わる方々にも広く門戸を開いており、「経営の科学化」推進に向け、“産業振興”“経営革新”“人材開発”に関する実践的、理論的な論文を募集しています。

優秀論文発表会は、応募論文の中から書類選考によって選ばれた優秀論文を発表する場であり、論文内容と共にプレゼンテーション評価を加味して審査を行うと同時に、参加者相互の討議・交流を通じて研鑚を深める場でもあります。

優秀論文のうち、特に優れた論文には、マネジメント界で唯一の「経済産業大臣賞」が授与されます。

ページのトップへ