『全能連マネジメント・アワード』応募について

応募方法

応募締切:2020年9月14日(月)必着(本年度のご応募は締め切らせていただきました)

今年度は、コロナ禍にあって、経済・産業活動が停滞する中、多数のご応募いただきましたこと、心より感謝申し上げます。
次回も積極的なご応募をお待ちしております。

募集要領や応募用紙(Word様式)に関するお問い合わせは、下記事務局までお願いします。
 『全能連マネジメント・アワード』応募パンフレットは、こちらからダウンロードください。
●ご応募される際は、応募要領をご一読の上、応募用紙に必要事項をご記入の上、E-mailにて下記の本アワード事務局宛にご提出ください。
●応募内容のアピールポイントの証左となる各種資料(論文、レポート他、著作物、成果が広報されたものなど)を添付してください。(別途郵送でも可)
●応募用紙に付随する「応募条件・権利規定および応募に関する諸注意」書に同意のうえご応募ください。

応募対象

●本アワードの各賞・審査項目に該当するプロジェクト・プログラム・研究活動等の実行者(複数名の場合は代表者等)、企画・開発者、研究・技術論文執筆者などで、公共・福祉サービス、大学院・研究機関等も含めて、業種・職種は問いません。
●自薦・他薦は問いません。グループ/団体の応募も受け付けます。
●応募する事業や研究等が、他で表彰されたものでも応募できます。
●応募者は、2021年1月開催予定の二次審査(発表会)に登壇することを前提としてご応募ください。
●二次審査(発表会)後、各賞受賞者の氏名、応募テーマや発表風景映像などを 全能連ホームページやパンフレット等で公開されることを前提としてご応募ください。

対象期間

●直近3年以内(プロジェクト/プログラム/研究等の企画・開発段階から応募時の成果発現まで)とします。

その他

●応募後の審査にあたり、内容に関するお問い合せや補足資料の提出などをお願いすることがありますので、あらかじめご了承ください。
●ご提出いただいたデータ・資料は原則としてご返却いたしません。
●一次審査結果(2020年10月18日)については、個別にご連絡いたします。
 二次審査結果は、発表会当日に発表いたします。
●個人情報の取り扱いについては、全能連ホームページ掲載の「個人情報保護 に関する基本方針」をご参照ください。

よくある質問(FAQ)

Q;これまでの論文大会の応募方法と何が違いますか?
A;従来の論文執筆に代わり、応募がしやすくなりました。
 本アワードの応募は、所定の「応募用紙」へのご記入となります。「応募用紙」の全体概要欄(1500字以内、図表は別添で可)と4つの評価項目のアピールポイント欄(1000字以内)にご記入ください。また、応募内容を裏付ける補足資料(3点まで)を添付してください。

Q;審査基準や評価はどうのように行われるのですか?
A;一次審査では、「応募用紙」の記載内容にもとづき、 4つの評価項目、「独創性・革新性」「実効性・有効性」「実証性・客観性」「普及性・発展性」を審査します。
 特に、4つの評価項目のうち、1つでも秀逸な項目があると採点が高くなります。応募内容の特長が最もアピールできる評価項目に力点を置いてください。

Q;希望する「オブ・ザ・イヤー」には、どうのように応募するのですか?
A;4つの「オブ・ザ・イヤー」別に応募は受け付けていません。一次・二次審査ともに、審査委員会において、応募内容・発表等を審議し、「オブ・ザ・イヤー」「全能連マネジメント大賞」等を選出します。

Q;クライアントや関係者などの実名公表ができません。
A;実名公表に支障がある個所は、A社・・・、B氏・・・などと記載してください。

※その他ご不明な点がございましたら、お気軽に下記事務局までお問い合わせください。

審査概要

◆一次審査では所定の審査項目に照らして厳格な審査のもと、受賞候補者(5名程度)を決定いたします。
◆二次審査(発表会)では下記の審査項目に「プレゼンテーション」項目が加わり、一次審査で選出された受賞候補者の中から、「オブ・ザ・イヤー」「特別賞」ならびに『全能連マネジメント大賞』を決定いたします。
◆各賞受賞者には、栄誉ある称号とともに、副賞として総額100万円の賞金または賞品が贈られます。

お問い合わせ先

『全能連マネジメント・アワード』事務局
●E-mail : award※zen-noh-ren.or.jp  ※を@に変更してください。
電話での対応時間(土日祝日を除く) 10:30~16:30
 TEL:03-3221-5051