全国能率大会/昭和24年(1949年)より毎年開催、産業界の発展に寄与しています。

過去の大会プログラム(内容)

過去に行われた「第65回全国能率大会 経営マネジメント大会」の内容を掲載しています。

第65回 全国能率大会 経営マネジメント大会

「人の活力を引き出す“真の経営”を探る」

◇◇企業成長・発展の源は社員の活性化!◇◇

開催日時:平成25年7月22日(月) 10:00〜16:00
開催場所:アルカディア市ヶ谷(東京都千代田区)

基調講演

「社員と顧客を大事にする経営」
〜7つの法則の実践〜

法政大学大学院政策創造研究科 教授 坂本 光司 氏

全国各地の中小企業や商店街さらには自治体に対し、7,000ヶ所以上の訪問調査や指導を行い、ベストセラー『日本でいちばん大切にしたい会社』の著者でもある坂本教授に、好業績をあげる企業に共通する経営マネジメントについてご講演いただき、「人を幸せにする企業」がどのようにして社員と顧客を大切にしているか、その具体的マネジメント手法の事例をご紹介いただきました。

企業事例講演I

「会社は家族、社長は親
〜真のダイバーシティを目指して〜」

アイエスエフネットグループ 代表 渡邉 幸義 氏

2000年株式会社アイエスエフネットを創業。履歴書を見ずに意欲のある人を採用し、社員数は創業13年で約400倍増の約1700名超。身体・知的・精神障がいのある社員の個々の強みを活かす経営で黒字成長を続け、2012年「第6回ワーク・ライフ・バランス大賞」大賞受賞。不可能を可能にするべく挑戦を続けていらっしゃる渡邉氏に、どのように雇用を創り出すのか、また、人財をどのように育て、社員に働くことの喜びや生きがいを感じてもらうのか、についてお話しいただきました。

企業事例講演II

「人材の可能性を最大限に引き出す
共同体・類グループ」

類グループ 東京社会事業部 部長 川井 孝浩 氏

川井氏は、類グループに入社後、2011年に社会事業部を立ち上げ、企業の共同体化とネットワーク化を目的とする新事業に着手。類グループ40年の共同体経営で培った経営理論を武器に、新概念勉強会、社内ネット導入、生産者の集う「るいネット」の運営等を通じて企業活力の再生を実現。企業の枠を超えた共認形成と新概念の構築に取り組んできました。今回は、全社員が主役となる組織体制の実践事例と、企業ネットワークの実績等をご紹介いただきました。