全国能率大会/昭和24年(1949年)より毎年開催、産業界の発展に寄与しています。

過去の大会プログラム(内容)

過去に行われた「第62回全国能率大会(第I部)」の内容を掲載しています。

第62回 全国能率大会(第I部)

「次なる成長戦略を模索する」

日本産業の将来と経営の力点は何か

開催日時:平成22年7月13日(火) 10:00〜16:00
開催場所:アルカディア市ヶ谷(東京都千代田区)

基調講演

「成長に向けた 新・日本型経営を探る」
〜モノづくり再考〜

元・花王会長 常盤 文克 氏

1957年花王に入社、1976年取締役、1990〜1997年まで社長、2000年まで会長を務められた常盤氏。現在は企業の社外取締役、経営アドバイザーなど幅広く活躍され、『モノづくりのこころ』『コトづくりのちから』『ヒトづくりのおもみ』『いま・ここ経営論』など多数の著書も出版されています。
そんな常盤氏が提唱し続けているのが「新・日本型経営」。様々な経営の事象をとらえ、本質的な視点でその考え方を説きながら、新しい日本型経営の方向を示唆しておられます。次なる成長のために、いま日本企業に必要な経営のあり方をご講演いただきました。

詳しい講演内容はこちらPDF

講演I

「研究開発型企業を目指す」
〜長野の地から独自性あるものづくりを発信〜

株式会社日本機材 代表取締役社長 春日 秀之 氏

(株)日本機材は1896年創業の麻問屋春日商店を前身とし1944年設立。機能樹脂製品およびFRP製品、精密機械組立メーカー。異業種間での商品開発、共同事業などを行う「ながのビジネス共創プロジェクト」の会長など積極的な社会活動をされている社長の春日氏に、産学官の連携を通して研究開発に力を入れ、長野から世界に目を向けたものづくり発信を精力的に行う想いをお話しいただきました。

詳しい講演内容はこちらPDF

講演II

「逆転の経営」
〜既成概念を打ち破り、これからのゴルフ場のあり方を実践〜

株式会社ノザワワールド 代表取締役 野澤 敏伸 氏

破産したゴルフ場を買い取り次々と新機軸のアイデアを打ち出し、城里ゴルフ倶楽部として再生させた元プロゴルファーの野澤氏。「常にゴルファーの価値観に合わせた喜びや楽しみ方を考案し実践することが特色になる」という経営観をもとに、個々人に対応したホスピタリティで感動させるサービスの本質、知的障害者への就労支援による地域社会への貢献等、今後のゴルフ場経営の新しいモデルを熱く語っていただきました。

詳しい講演内容はこちらPDF

講演III

「“人財力”を強める」
〜ビジネス回復のための新しい視点に立った人財育成〜

日本アイ・ビー・エム人財ソリューション株式会社 代表取締役社長 
片岡 久 氏

1976年日本アイ・ビー・エム入社、2008年に代表取締役社長に就任された片岡氏に、グローバル化の進む中にあって、お客さまの存在、自社の役割、それをつなぐ商品やサービスをシステマチックにとらえたさまざまなソリューションを提供する企業のトップとして、これからの時代に必要な人材づくりのあり方を語っていただきました。

詳しい講演内容はこちらPDF