全能連について

MI(マネジメント・インストラクター)認定制度について

全能連は、人材育成の要である研修インストラクターの"質の向上"が社会的にも要求されていることを受け、平成24年度「マネジメント・インストラクター(MI)認定制度」を創設いたしました。

この制度は、教育・研修プロバイダーやコンサルティングファーム等に所属している方、あるいは個人として、また企業内で職務として携わっている優れた研修インストラクターの方々を対象に、全能連が、研修インストラクターとしての能力を客観的に評価するものです。

認定マネジメント・インストラクターとしてのメリット

「プロの研修インストラクター」にとって
  • 第三者機関の認定によりプロ意識の高まりが醸成
  • プロ人材としての市場価値が高まり、さらに自信が深まる
  • 継続的な能力向上とモチベーションの維持向上に貢献
  • 研修インストラクターとしての能力を再確認
企業内の研修インストラクター」にとって
  • 組織や受講者からの信頼度が高まり、自信を持って職務に従事
  • プロ人材としての自信と市場価値への期待感が高まる
  • 研修インストラクターとしての能力の再確認
  • キャリア形成目標の明確化
「教育・研修機関」にとって
  • 第三者機関の認定により社内評価の妥当性・信頼性が担保
  • クライアント等に対し自信を持って派遣できる
  • 研修インストラクター育成の整備や人事処遇策の一環に活用
  • 研修インストラクターの能力向上や動機付けに活用
  • パートナーや委嘱契約講師の選定に活用
「インストラクターを導入する企業」にとって
  • 人事・研修部門の組織活性化に寄与
  • 研修の品質向上と組織目標達成に寄与
  • 研修サービスや受講者サービスの向上に寄与
  • 研修インストラクターのキャリア形成育成に寄与

ページのトップへ

関連ページ