全能連について

調査研究・情報交流について

マネジメント関係調査研究

全能連では、全能連研究所を設置し、経営の科学化に関する調査研究を中核とした「先端経営」の各種調査研究を行っています。

最近では、2007年(平成19年)より2年間に渡り日本的な経営の良さを活かした次世代への新たなマネジメント創造を研究テーマとし、文献を中心とした「日本的経営」に関わる基礎研究を進め、そのベースにある考え方を解明し、さらに、企業研究も並行して行い、今後の日本企業の活性化とグローバル競争力強化に向けた新たなマネジメントコンセプト、およびその実践への展開方向を構想し「エートス(企業の根っこの部分にある物事の考え方)重視の経営」としてまとめました。

また、「経営コンサルティング業の実態調査」も定期的に行っています。
経営コンサルティング団体・企業の実態や、経営コンサルタントを活用し各種経営課題の革新・改善に取り組んでいる組織体から見た経営コンサルタント活用の実態を、アンケート等により調査し、それを「経営コンサルティング業の実態調査報告書としてまとめています。

ページのトップへ

海外機関との情報交流

ヨーロッパのコンサルタント業界の中枢組織であるFEACO(欧州コンサルタント団体連合会)と連携を深め、毎年1回欧州各地で開催されるコンサルタントの世界会議というべきFEACO大会に1984年(昭和59年)わが国初の視察団チームを派遣して以来、継続して日本代表団を派遣し、情報交流を行っています。

また、ICMCI(経営コンサルタントの世界のデファクト・スタンダードになっている国際資格称号「CMC」の認定機関)への加盟をきっかけに、連携を深め、最近では、管理コンサルティングサービスに関わるISO化等での情報交流を進めています。

さらに昨今「日本的経営」や「日本的コンサルティング手法」に多くの注目や期待が高まっている中、海外マネジメント関係機関との有意義な検討と交流を図るなど、積極的な交流と情報収集を行っています。

ページのトップへ

ICMCI国際会議・総会(韓国:ソウル)

開催日:平成26年9月22日(月)〜26日(金)
会場:Ramada Seoul Hotel 国際会議場(韓国:ソウル)

ICMCIが主催した国際会議ならびに総会が平成26年9月22日(月)〜26日(金)にわたり行われました。
国際会議は9月22日(月)〜23日(火)の2日間で開催され、世界各国・地域(米国、カナダ、英国、イタリア、オランダ、フィンランド、オーストリア、ルーマニア、ギリシャ、ウクライナ、ロシア、カザフスタン、ヨルダン、南アフリカ、日本、中国、韓国、オーストラリア、シンガポール、タイ、フィリピン、バングラディシュ、台湾)のCMC認定者が参加、約20の発表・報告がありました。
内容は、韓国の経済全般、各国コンサルタントによる経営コンサルティング技術、経営コンサルティングの状況等についてであり、その後活発な議論が交わされました。
さらに、各国のコンサルティング状況・課題等の情報交換の場となる、ティーブレイクの間には、それぞれCMC認定者の皆さんが笑顔、かつ真剣にネットワークづくりをされていました。
また、第1日目には、日本のCMC(全能連認定マスター・マネジメント・コンサルタント)の田原祐子氏がご自身の会社で活用されているコンサルティング手法「フレーム・ワーク」について発表され、各国の方々より、手法の詳細に関して数多くの質問・問合せを受けていらっしゃいました。

総会は9月24日(水)〜26日(金)の3日間で開催され、世界各国のCMC認定機構関係者が集まり、CMC事業の運営について、品質の保証からガバナンス、新規企画・戦略等を討議・発表し、世界的な規模での今後のさらなる経営コンサルティング専門職の水準の維持・向上と経営コンサルティング業界の発展に向けて議論を交わしました。

国際会議 第1日目

時間 発表タイトル 発表者
10:00−10:30 開会の辞 ・Mr. Tim Millar(ICMCI会長)
・Mr. Song,Kap-Ho
(KGCCA(韓国政府認定コンサルタント協会・IMC韓国会長))
10:30−11:00 起亜・現代自動車での
パフォーマンス(業績)について
・Mr. Jaehang Park
(現代自動車主幹コンサルタント:韓国)
11:00−11:30 休憩&ネットワーキング
11:30−12:00 Oppaアジアンブランドストーリー:
江南スタイルを超えて
(アジアでのブランド構築について)
・Mr. Liew Shin Liat(CMC:シンガポール)
12:00−12:30 コンサルティングプロジェクトの調達、管理、評価 ・Mr. Angelo Kehayas
(CMC:(2013年南アフリカ国際会議運営責任者)南アフリカ)
12:30−14:00 昼食&ネットワーキング  
14:00−14:30 韓国政府推進の中小企業
コンサルティングファーム支援政策
・韓国中小企業庁・担当官
14:30−15:00 韓国経済の新たな見解・成長戦略 ・Mr. Hwang Inhak(韓国経済研究院)
15:00−15:30 “フレーム&ワーク” 
−オリジナルコンサルティング手法
・田原祐子氏
(CMC(株式会社ベーシック代表取締役):日本)
15:30−16:00 休憩&ネットワーキング  
16:00−16:30 マネージャー:日常組織の影の英雄
(効率良いマネージャーを目指して)
・Mr. Dwight Mihalicz(ICMCI理事:カナダ)
16:30−16:50 環境産業と環境コンサルティングの成功の為に ・韓国環境省環境政策局
16:50−17:10 環境コンサルティングファームの役割 ・Mr. Sang-Yeol Park(環境スペシャリスト:韓国)
17:10−17:40 革新的コンサルティングについて:
オリエンタルなシステムビュー、中国哲学、
そしてマネジメント
・Mr. Huang Pei(CMC:中国)
17:40−18:30 自由時間&ネットワーキング  
18:30−21:00 ディナー ・Ramada Seoul Hotel大宴会場

国際会議 第2日目

日時 アジェンダ 概要・特記事項
09:00−9:30 アジアの発展とCMC ・Mr. Chayaditt Sak
(ICMCI副会長(タイ国コンサルタント連盟会長):タイ)
09:30−10:00 アセアン経済共同体(AEC)へのカウントダウン ・Mr. Virachai Vannukul
(英国公認マネージメント協会公認フェロー:タイ)
10:00−10:30 休憩&ネットワーキング  
10:30−10:50 エコフロンティア社と
エコフロンティア・コンサルティングの
グローバル化への試行錯誤
・Mr. Daewoong Lim(エコフロンティア社会長:韓国)
10:50−11:10 “グリーン気候基金”と韓国産業への機会 ・Mr. Sungwoo Kim(KPMG:韓国)
11:10−11:30 環境産業促進のための環境コンサルティング ・Mr. Doo-Hwan Kim(韓国環境産業技術院)
11:30−12:00 革新的なビジネスモデル ・Ms. Elena Yuzkova(ICMCI副会長:ウクライナ)
12:00−12:30 Kingアブドラ港プロジェクト事例 ・Mr.Kwan-Ho Jung(サイバーロジテック社:韓国)
12:30−14:00 昼食&ネットワーキング  
14:00−14:30 経営コンサルティング業の
未来を形作る世界的なトレンド
(経営コンサルティングの将来)
・Mr. Oliver Matar(CMC:アメリカ)
14:30−15:00 中小企業のTransition Pathway ストラテジー
(中小企業発展のための事業戦略について)
・Mr. Mike Thompson(Royal Road大学準教授:カナダ)
15:00−15:30 休憩&ネットワーキング  
15:30−16:00 価値を得、仕事を獲得するための
CMCマイルストーンの活用
・Mr. Constantinos Stavropoulos(CMC:ギリシア)
16:00−16:30 ISO認証システムと認証サービス業の進展:
発展途上国におけるその価値
(ISO認定プロセスと認定事業の発展状況について)
・Mr. II-Geun Oh(ソウル大学客員教授:韓国)
16:30−17:00 経営コンサルタントサービスについて:
その背景、特徴、現状、将来
・Mr. Robert Bodenstein(ICMCI副委員長:オーストリア)
17:00−18:30 閉会の辞 ・Mr. Tim Millar(ICMCI会長)
・Mr. Song,Kap-Ho
(KGCCA(韓国政府認定コンサルタント協会・IMC韓国会長))
18:30−21:00 自由時間&ネットワーキング
ガラ・ディナー
・Ramada Seoul Hotel大宴会場

関連ページ